遺品整理をする際に供養は必要?堺市西区を対象にしている会社が紹介します!

遺品整理・特殊清掃の専門業者大阪アスエル

0800-805-1055

〒591-8043 大阪府堺市北区北長尾町6-4-17

営業時間 8:00~22:00 年中無休

遺品整理をする際に供養は必要?堺市西区を対象にしている会社が紹介します!

お役立ちコラムブログ

2021/07/23 遺品整理をする際に供養は必要?堺市西区を対象にしている会社が紹介します!

大事な方が亡くなった後にする必要があるのが遺品整理ですよね。大事な方が亡くなった後にする必要があるのが遺品整理ですよね。しかし、なんだか捨てるのは気が引けるような気持になります。思い出の品は精神的な負担を軽減するためにも、供養を行う場合もあります。今回は遺品整理で供養は必要なのか、その方法を紹介します。

 

□遺品供養とは?

 

最初に遺品整理とは何をするのかを紹介します。
亡くなったかたの所有物を整理していると、写真やお守り、宗教に関係があるものが出てくるものです。しかし、そのようなものを捨ててしまうのも気が引ける場合があるでしょう。そこで、必要ない物だけど、捨てるのは気が引けるものを供養するのが目的です。
方法は神社で祝詞、お坊さんにお経を唱えてもらい、遺品の中の魂を抜いてから処理します。また、亡くなった方をしのぶという意味も持ち合わせているので、個別と他の人の遺品と合わせて行う2つの方法があります。
遺品供養は本来する必要はありませんが、遺品はその家族などなじみ深い人物にとって精神的に負担になるものです。そのため、精神的な負担を軽くするために行われるのです。
次にタイミングを紹介します。遺品供養は遺品整理をしているタイミングですることが多いです。そのため、四十九日の法要の後に遺品に関する片付けを行う傾向にあります。
では、遺品供養が必要なアイテムにはどのようなものがあるのでしょうか。それは、遺品の中で、特に生前愛用していた物です。例えば、眼鏡や寝具などですね。さらに、手紙や日記などの思いがこもっている物は供養をした方が良いでしょう。
最後に遺品供養の手順を紹介します。代表的な方法はおたぎ上げと呼ばれる儀式です。基本的にはお墓がある寺院で行うケースが多いですが、別の宗教を信仰している場合は、その宗教、宗派で供養を行う場合もあります。

 

□当社は遺品の供養を行っています

 

当社は堺市西区で遺品の供養を行っています。遺品整理をしていると、捨てるには忍びないものがいくつか出てくるでしょう。
このような物を安心して、整理できるように、引き取らせていただいた遺品は大阪の寺院で供養、おたぎ上げをしています。
1つからでも承っているので、お悩みの方は当社へご相談ください。

 

□まとめ

 

今回は遺品整理で供養は必要なのか、その方法を紹介しました。遺品供養は亡くなった方をしのぶだけでなく、残された私たちにも良いことがあるのです。
当社は堺市西区で遺品の整理を承っています。誠意をもって供養させて頂きます。

 

 

電話番号 072-260-4833
住所 〒591-8043 大阪府堺市北区北長尾町6-4-17

TOP