生前整理とは?メリット・タイミングについて

遺品整理・特殊清掃の専門業者大阪アスエル

0800-805-1055

〒591-8043 大阪府堺市北区北長尾町6-4-17

生前整理とは?メリット・タイミングについて

遺品整理

2020/05/02 生前整理とは?メリット・タイミングについて

生前整理とは?メリット・タイミングについて

生前整理とは・メリット

 

 

人生100年(歳)時代と言われる昨今ですが、実際に自分が亡くなるのは誰にも分かりません。現実に亡くなってしまった後、「自分の財産や持ち物はどうなるのだろう」、「周りに迷惑が掛かるかも」と不安になる方もおられます。

 

また、老後は施設に入居する可能性も考え、元気なうちに身の回りを整理して、スマートな生活を送りたいと思う方も増えています。

ここでは、誰もがいつかは直面する「いざというとき」に備える、生前整理についてご紹介します。

 

 

生前整理とは?


 

 

生前整理とは、終活のひとつで、読んで字のごとく「生きているうちに自らの身辺や家財を整理をすること」です。

 

具体的には、使わなくなった物や家具家電、押し入れに眠っている不用品の処分などの荷物整理、財産面では遺産配分の決定、不動産の売却などを行うことです。

 

大きく括れば「家財整理」となり、身辺整理とも言えますが、身辺整理は病気などで死期がある程度見えてしまっている方によく使われるので、「元気なうちに片付ける」という意味合いが強いです。

 

時間的にも体力的にも余裕があるうちに、亡くなった後のことを考えて行うのが生前整理であり、近年では高齢者だけでなく、40代や50代といった若い世代で行う方もいるようで「老全整理」などとも呼ばれます。

 

 

生前整理のメリットとは


 

 

生前整理を行う大きなメリットは、亡くなった後、家族や親類に苦労をかけないためです。何の準備もなく亡くなった方の遺品を整理するのは、想像以上に大変なことです。

 

生前の膨大な遺品の山を片付けるのは肉体的にも精神的にも負担が大きいといいます。実際、遺品整理を弊社のような遺品整理業者に依頼することも珍しくありません。

 

特に独り暮らしの場合は、貴重品の保管場所などを家族に知らせていない場合も多く、残された家族は探し出すのに非常に困ってしまいます。

 

こうした苦労をかけないため、物を減らしたり、亡くなった後の物の行先を決めておいたりする生前整理は大切なのです。

 

また、生前整理は、ご家族には価値の判断がしにくいコレクション品などといった「自分にしか価値がわからないもの」の整理ができます。

 

亡くなってしまってからでは、残されたご家族がそのコレクション品の価値が分からず、単純に処分されてしまうことにもなり兼ねません、生前整理ならではのメリットであります。

 

 

いつ始める?生前整理のタイミング


 

結論から言いますと、できるだけ「元気なうち」から始めることです。

 

高齢になり体力が落ちてくると、片付けるのも億劫になり、「結局何も手を付けられなかった」ということにもなり兼ねません。

 

終活をはじめるタイミングして考えられるのが、還暦を迎えたときや定年退職したときです。 

 

現代人の60代は、まだまだ体力・気力にも余裕があります、子供たちも独立して必要のなくなった物も多いことでしょう。

 

時間が生まれ、元気なうちに、生前整理を行うことがおすすめなタイミングであります。

 

 

生前整理のポイント始め方


 

財産目録を作成する

 

生前整理で主に手をつけるのは、「財産」と「物」です。まずは、何をどのくらい持っているのか、エンディングノートなどで財産目録を作っておきましょう

 

財産とは、現金や預貯金のほか、家や土地、車、有価証券、宝石や骨董品などのことです。

人が亡くなった後には財産相続が行われます。財産を調べるのには時間が掛かるので、あらかじめ目録を作っておいてあげると、遺族がその手間を省くことができます。

 

 

■不用品を整理する

 

亡くなった後、大量に物が残されていれば、遺品整理を行う家族に負担を掛けることとなります。

洋服や思い出の品など、ついつい溜め込んでしまう物もあると思いますが、本当に必要な物以外は処分する作業に取り掛かりましょう。

 

全てを処分するわけではありません、何を処分して何を残すのかを見極めることが大切なのです。

不用品の見極めは「1年間使っていない物」です、1年使わないということは「2年目も使わない」です、これを機に処分しましょう。

 

 

「生前整理とは?メリット・タイミングについて」後書き


 

 

死んだ後のことなんて考えたくもない、と生前整理を行うことを毛嫌いする方もおられます。

生前整理は基本的に、残されたご家族のために行うものです。

 

筆者の親も、昭和の人間で物を捨てられない性格です、実家を片付けると考えると頭が重くなります。

 

将来のことを考え、なるべくでも家財を処分してみてはどうでしょう?

 

生前整理は決して後ろ向きの行動ではなく、ご自分の人生を振り返り、今をより良く生きていくための前向きな作業でもあります。

家財を整理して心機一転、その後の人生をより充実させながら過ごすきっかけになることでしょう。

TOP