豊中市で残置物撤去(処分)を行いました

遺品整理・特殊清掃の大阪アスエル

0800-805-1055

〒591-8043 大阪府堺市北区北長尾町6-4-17

豊中市で残置物撤去(処分)を行いました

スタッフ作業ブログ

2019/10/04 豊中市で残置物撤去(処分)を行いました

豊中市で残置物撤去(処分)を行いました。

 

解体業者からの依頼で、廃業して数年間放置された塗装業者の会社兼、自宅を解体して更地にするにあたり、残置物を撤去して欲しいとのことでした。

 

塗装業者の残置物だけあって、処分に困る塗料の一斗缶や消火器、作業に使うような用具など様々な産業廃棄物が残されていました。

 

豊中市の残置物撤去1

 

豊中市の残置物2消火器

 

豊中市の片付け

 

廃墟になっていたこともあるのか、残置物は乱雑に放置されており、かなりの処分量があります。

 

幸い会社の倉庫としても使われていたので、処分品を廃棄品目ごとに仕分けるスペースが十分に確保できたので、時間を掛けて仕分けていくことにしました。

 

産業廃棄物の品目は事業活動に伴って生じた廃棄物のうち「燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類」の法で直接定められた6種類と、政令で定めた14種類の計20種類になります。

 

(1)燃え殻
(2)汚泥
(3)廃油
(4)廃酸
(5)廃アルカリ
(6)廃プラスチック類
(7)ゴムくず
(8)金属くず
(9)ガラス・コンクリート・陶磁器くず
(10)鉱さい
(11)がれき類
(12)ばいじん
(13)紙くず
(14)木くず
(15)繊維くず
(16)動物系固形不要物
(17)動植物性残さ
(18)動物のふん尿
(19)動物の死体
(20)汚泥のコンクリート固形化物など

 

この他にも、産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性、その他人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがある性状を有するもので、政令で定めるものを「特別管理産業廃棄物」といいます。

 

  • 廃油(引火性廃油)
  • 廃酸(廃強酸)
  • 廃アルカリ(廃強アルカリ)
  • 感染性廃棄物
  • 廃ポリ塩化ビフェニル(PCB)等
  • ポリ塩化ビフェニル(PCB)汚染物
  • ポリ塩化ビフェニル(PCB)処理物
  • 廃水銀等
  • 廃石綿等(アスベスト)
  • 廃油(廃溶剤)その他

 

残置物の撤去(処分)や遺品整理などの片付け業務では、上記の品目ごとに仕分けてから、処分する必要があります。

 

必ずしも撤去業者が、仕分ける必要はありませんが、仕分けることで廃棄物処分場での仕分け作業が要らなくなるので、廃棄物の処分費用が安くなります。

 

仕分けずに廃棄物処分場へ持ち込むと、「混合廃棄物」という扱いになり、仕分けコストなどが掛かるため割高の処分料金になってしまいます。

 

弊社ではお客様に、よりお安い料金でサービスを提供させて頂く為に、どうしても分けられないものを省いては、品目ごとに仕分けて処分します。

 

豊中での残置物も出来るだけ仕分けて、搬出致しました。

 

一番困ったのは、塗料の多さでした、小さなペンキ缶から一斗缶、色々な溶剤まであり、2tトラックの積載ギリギリの処分量です。

 

ペンキなどの塗料を専門業者に処分してもらうと、処分費用は一斗缶で「2000~3500円」ぐらいが相場です。

 

100缶を超えるぐらいのペンキ缶でしたので、安くみても「20万円」は掛かります。

 

実は、見積りに行かせてもらったときに、ざっくり50缶ぐらいの計算で料金を算出していましたが、物で隠れていた場所にも大量のペンキ缶があり、大幅な処分料金が掛かってしまいました。

 

弊社では見積り後の追加請求はしない方針なので、今回の豊中での残置物撤去(処分)は利益がほとんど無くなってしまいましたが、作業は順調に進みスタッフ8名2日間で完了となりました。

 

豊中市のペンキ缶倉庫撤去完了

 

豊中市の残置物撤去完了2

 

豊中市、その他大阪府、堺市周辺で残置物撤去(処分)、不用品回収、遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷の片付け、産業廃棄物収集運搬処分などの業者をお探しでしたらアスエルまでご連絡下さい。

 

処分の難しいペンキ缶などの塗料や、その他の処分困難品、どんな物でも全て綺麗に片付けさせて頂きます。

 

遺品整理・生前整理・不用品回収・特殊清掃アスエル

フリーダイヤル 0800-805-1055
住所 〒591-8043 大阪府堺市北区北長尾町6-4-17

TOP