現役特殊清掃士が教える特殊清掃業者の選び方

遺品整理・特殊清掃の大阪アスエル

0800-805-1055

〒591-8043 大阪府堺市北区北長尾町6-4-17

現役特殊清掃士が教える特殊清掃業者の選び方

遺品整理

2018/10/12 現役特殊清掃士が教える特殊清掃業者の選び方

現役特殊清掃士が教える特殊清掃業者の選び方

 

特殊清掃業者の選び方

孤独死や自殺などで遺体が発見された際、亡くなってからの時間が経過していると遺体が腐敗していることがあります。

 

遺体が腐敗すると、体液や血液が染み出し、辺りは死臭が蔓延し防護服や防毒マスクを装着しないと部屋の中に入れないという状態になります。

 

そのような現場を元の部屋まで原状回復させるのが、「特殊清掃」という仕事です。

 

凄惨な現場で特殊清掃を行うことは普通の方にはできないことです。

 

特殊清掃は感染症の危険性もあるので、特殊清掃を専門で行っているプロの業者に依頼した方が賢明です。

 

今回はそんな特殊清掃の専門業者の選び方についてコラムを書いていこうと思います。

 

いざ特殊清掃が起きてしまった時の、業者の選び方のヒントになれば幸いです。

 

 

目次

特殊清掃業者の作業内容

特殊清掃業者の料金相場

特殊清掃業者の正しい選び方

特殊清掃業者を選び間違えると起こるトラブル

「現役特殊清掃士が教える特殊清掃業者の選び方」まとめ

 

 

特殊清掃業者の作業内容

 

特殊清掃業者の作業内容

 

まずは特殊清掃業者が現場で行っている作業内容についてご紹介していきます。

 

特殊清掃の業者が行う作業で一番求められることは「部屋に蔓延した細菌の除菌」と「部屋に染み付いた死臭の消臭」です。

 

この除菌・消臭の作業を特殊清掃業者はどのように行っているのかご説明していきたいと思います。

 

ここで書く手順は一般的な方法なので、現場の状況や特殊清掃業者によって違う手法を使うこともあります。

 

 

 

 

強力な薬品で除菌・消臭


 

特殊清掃業者はまず、近隣対策や作業員の安全確保のため部屋の除菌・消臭を致します。

 

特殊清掃業者はプロ用の噴霧器を使って、消毒剤や消臭剤を散布します。

 

この噴霧器は通常よりも細かな粒子で散布できるため、薬品を部屋の隅々まで行き渡らせることができます。

 

使う薬品もファブリーズなどに代表される市販品と比べ、遥かに強力な除菌・消臭ができる薬品を使います。

 

業者によって使う薬品は様々で、最も企業秘密な部分でもあります。

 

この作業は繰り返し行われ、完全な除菌・消臭を目指していきます。

 

 

部屋の遺品を片付ける


 

特殊清掃現場では残された遺品にも臭いが付着しています、遺品が残っている状態で特殊清掃で消臭しても、臭いが取り切れないことが起こります。

 

ですので特殊清掃業者は最初の消毒・消臭作業が終わると、遺品整理に取り掛かります。

 

この遺品整理は特殊清掃が終わってから最後に行う業者もありますが、弊社の考えでは臭いの元は出来るだけ無くした方が良いので、

 

この段階で遺品の整理をしてしまいます。

 

気になるようであれば特殊清掃業者に、作業内容の手順を説明してもらいましょう。

 

 

オゾン脱臭器で強力に消臭


 

<オゾン脱臭とは>

 

オゾンは、3つの酸素原子からなる酸素の同素体で、分子式は「O3」です。

 

オゾンはきわめて不安定で反応性が高いため、様々な物質と反応して、もとの酸素(O₂)に戻ろうとします。

 

このメカニズムを利用して、ニオイのもとになっている物質や、人にとって有害な菌などとくっついて分解するのがオゾンの特性です。

 

分解したあとオゾンは酸素に戻り完全無害化されるため、薬品を使用しての消臭・脱臭、殺菌・消毒と比べ圧倒的に効果があり、特殊清掃の業者は消臭・脱臭や殺菌・除菌が必要な現場で高濃度のオゾンを使用します。

 

 

<オゾンの毒性>

 

人がオゾン含有空気を吸引すると、鼻腔・喉・気管・肺などの表面が酸化され、臭気・刺激・咳・頭痛・眠気・胸部圧迫感などの症状が現れ、一定以上の濃度(5~10ppm)での曝露(吸引)が続くと肺水腫を招き、更に生命の危険を招きます。オゾンの発ガン性は確認されておりません。

 

特殊清掃業者は消臭・脱臭には高濃度のオゾンを扱うので、取り扱いには注意が必要ですが、先程も書いた通りオゾンは酸素に変化するのでオゾン脱臭機使用後でも換気さえ行えば問題ありません。

 

 

<使用方法>

 

特殊清掃業者がオゾン脱臭器を使うときは、部屋の中は無人にしなくてはなりません。

 

一定時間オゾンを稼働させると、特殊清掃業者は部屋に入り、換気をしてまた再びオゾンを稼働させます。

 

タオルを洗う際でも新しい水で濯ぐ方が、より早くきれいにできる原理と同じと考えればいいでしょう。

 

特殊清掃業者は、この作業を臭いが消えるまで繰り返し行います。

 

発見が遅れたケースでは、特殊清掃での臭いの消臭に時間が掛かり、費用が高くなってしまいます。

 

 

 

リフォームによって原状回復


 

業者に依頼し、繰り返しの消毒・除菌剤噴霧、遺品整理、さらにオゾン脱臭が終わった後、どうしても臭いが残ってしまう場合はリフォームをしなくてはならないケースもあります。

 

消臭剤やオゾン脱臭器を用いた特殊清掃で除去できる臭いは、表面に付着したものだけです。

 

体液・血液などが壁や床の内部まで染み込んでいると、内側から臭いが上がってきます。

 

特に紙類や木製品は染み込みやすい素材ですので、リフォームをして取り換える必要が出てきます。

 

特殊清掃業者のHPなどでも作業内容の料金表で表示されているのは、リフォームは「別途見積り」になっています。

 

これはリフォームを行う部分や施工内容によって、料金が大きく変動するためです。

 
  

特殊清掃業者の料金相場

 

特殊清掃業者の料金相場

 

特殊清掃に掛かる料金は業者によって違いますが、現場の状況とお部屋の汚染具合によっても変わります。

 

インターネットで特殊清掃業者を検索して、業者のホームページを閲覧しても、個別作業の最低価格を表示しているので、最終的な料金が分かりづらいかと思います。

 

そこで弊社をはじめいくつかの特殊清掃業者を調べ、おおよその目安となる費用を表にまとめました。

 

特殊清掃業者の具体的な料金の参考にしてみて下さい。

 

 項目 費用 
 特殊清掃作業  5~45万円
 汚染物の撤去  2~20万円
 害虫駆除  1~10万円
 消臭・消毒  1~25万円
 オゾン脱臭(一日)  1~5万円

 

やはり現場の状況によりけりなので、金額の幅が大きくなります。

 

被害が少ない場合は10万円以内で済むこともありますが、被害が大きいと50万や100万円くらい掛かってしまう業者もありました。

 

汚染度が高く臭いが強い場合は、長期間のオゾン脱臭や、床や壁の張り替えリフォームも必要となってしまいます。

 

そうなると、相場の料金から追加費用が掛かり、トータルで100万円を超えてくるケースも出てきます。

 

正直、弊社ではリフォーム込みで100万を超えたことは一度もございませんが、高い業者は高いです。

 

逆に安い業者は安いですが、費用と仕事は比例しますので、安すぎる業者は黄色信号です。

 

 

特殊清掃業者の正しい選び方

 

 

それでは特殊清掃の作業内容や料金相場を見ていただき、特殊清掃がどういうものなのか分かって頂けたかと思います。ここからは本題の特殊清掃の選び方について、書いていこうと思います。 

 

 

特殊清掃の実績が豊富な特殊清掃業者を選ぶ


 

特殊清掃は亡くなった場所や、腐敗具合などの現場状況によって作業内容が変わってきます。

 

経験の少ない業者では対応できないケースもあるので、経験の豊富な業者を選ぶようにすれば安心です。

 

特殊清掃業者のホームページなどで、過去の実績や作業技術などをチェックして依頼するようにしましょう。

 

 

特殊清掃の専門業者を選ぶ


 

意外なことに、特殊清掃業者の中には遺品整理業者や、リサイクル業者、不動産業者、運送業者、葬儀業者などが、本業とは違う形で事業展開している業者も存在します。

 

遺品整理業者は特殊清掃業も兼任している業者も多いですし、技術力もある業者も沢山ありますが、普段から遺品整理ばかり行っている業者もあるので、判断が難しいところです。

 

Webページを確認して「特殊清掃」が大きく表示されている業者は比較的安心できますが、各種項目の隅っこや小さく記載されている業者は、専門性が薄いと思っていただければ判断材料になるかと思います。

 

弊社も遺品整理業と兼任させていただいている業者ですが、元々は特殊清掃専門の会社として立ち上げたので安心してお任せ下さい。

 

現在特殊清掃の専門ホームページを作成しているので、公開できればお知らせ致します。

 

電話やメールなどの対応が良い特殊清掃業者を選ぶ


 

特殊清掃業者選びで大切なポイントは、対応の良い業者に依頼することです

 

特殊清掃はその仕事内容ゆえ一般顧客からのリピーターはほとんどありません、初めて話す人への電話対応や、下見や見積もりの際の言動をしっかりと確認してください。

 

普段の言動がいいかげんだったり身だしなみが悪い業者は、特殊清掃作業もいいかげんな業者が多いです。

 

特殊清掃の場合は早めに対処しないと、部屋の損傷が激しくなるので、迅速に対応してくれる業者も選ぶポイントになります。

 

 

見積りがしっかりしている業者を選ぶ


 

見積書は作業内容を含め、特殊清掃業者がきちんと現場を確認しているかどうかの判断材料になります。

 

いいかげんな特殊清掃業者は、適当な見積りを作って金額提示をします。

 

こういった業者は、後々になって追加請求などのトラブルに発展する恐れがあります。

 

特殊清掃業者に見積りを依頼したときは、必ず見積書を提出してもらい、見積書に記載されている作業内容なども確認するようにしましょう。

 

不明な点があった場合は、特殊清掃業者に質問をし、納得できるまで依頼しないでおきましょう。

 

質問に対してしっかりと答えられないような特殊清掃業者は注意が必要です。

 

 

資格を持つ業者を選ぶ


 

特殊清掃には資格が存在します。中でも事件現場特殊清掃士という資格が全国的に認知されています。

 

民間資格ですが、資格を取得するには特殊清掃に関する専門の知識や技術を学び、最終試験に合格する必要があるので、何も持っていない業者よりは資格を保有する事件現場特殊清掃士が在籍している会社は安心できると言えます。

 

特殊清掃士といった資格を有している業者は料金設定も、相場内でおさまっている優良な業者が多いことも言えるでしょう。

 

特殊清掃業者を選び間違えると起こるトラブル

 

特殊清掃業者を間違えると起こるトラブル

 

特殊清掃という作業は、感染症の危険や死臭のなかでの作業になるため、特殊清掃業者に依頼するしか手段がありません。

 

特殊清掃もサービス業の一つです、特殊清掃業者を選び間違えると、思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。

 

では、特殊清掃業者の選択を間違えると、どのようなトラブルが発生しているか書いていきたいと思います。

 

 

 

臭いが残っていて違う業者に依頼するハメになった


 

特殊清掃の費用はその仕事内容が故に、ハウスクリーニングなどの清掃よりも非常に高額です。

 

やはり高額な費用は出来るだけ抑えたい、と考えるのは誰しもなことです。

 

しかし、安さのみを追求してしまうと、後になって後悔してしまうことがあります。

 

安い特殊清掃業者を選んでしまうと、特殊清掃の経験が無いアルバイトスタッフや、安価な薬品や機材で作業する業者に当たってしまう恐れがあります。

 

そんな業者を選択してしまうと、特殊清掃の作業後に「臭いが残っている」といったトラブルが発生してしまいます。

 

そうなってしまうと、初めの特殊清掃業者では技術が足りないということで、違う特殊清掃業者に特殊清掃を依頼することになってしまいます。

 

初めの特殊清掃業者には作業は行われているため、料金を支払わなくてはなりませんし、次に依頼した特殊清掃業者にも特殊清掃の費用を払う必要があります。

 

はじめから、きちんとした特殊清掃業者を選んでおけば一度の特殊清掃で完了していたはずが、二度も特殊清掃費用が掛かってしまうトラブルです。

 

二度目の特殊清掃作業は、汚染物の処理費用などが掛かりませんので、一度目よりは安い料金で特殊清掃を行ってくれますが、必要のない費用が発生しているので回避したい事例です。

 

 

高額な追加請求


 

次のトラブルは特殊清掃は無事完了したものの、請求額が当初より何倍にも膨れ上がったケースです。

 

「追加の作業が発生した」「予想以上に消臭に時間が掛かった」など様々な理由をつけて、見積り額より何倍も高額な請求をしてくる特殊清掃業者が存在します。

 

こういった特殊清掃業者は、最初の見積額が相場に比べ格安な業者が多いです。

 

はじめに安い金額を提示し、作業を引き受け、後になって特殊清掃費用を釣り上げてくるのが、悪徳な特殊清掃業者の手口です。

 

あまりにも相場とかけ離れた金額を提示する、特殊清掃には気を付けたほうが良いでしょう。

 

 

 

「現役特殊清掃市が教える特殊清掃業者の選び方」まとめ

 

特殊清掃業者の選び方

 

特殊清掃の作業内容や特殊清掃業者の選び方を紹介し、特殊清掃の料金相場や特殊清掃業者に依頼し、実際に起こりうるトラブルも書いてまいりました。

 

特殊清掃業者に依頼することは、一生に一度もない方もいらっしゃるかと思いますが。

 

実際に特殊清掃業者に依頼しなくてはならなくなった時に、しっかりとした特殊清掃業者を見極めて、トラブルなく原状回復できるように知識として持っておいたほうがいいと思います。

 

特殊清掃業者の選び方は非常に重要なので、覚えておいてくださいね。

 

大阪周辺で特殊清掃や遺品整理の業者をお探しならアスエルまでご連絡下さい。

 

<特殊清掃の関連記事>

 

特殊清掃とは?現役特殊清掃士が教えます

現役特殊清掃士が教える特殊清掃の料金相場

特殊清掃の消臭・脱臭方法を現役特殊清掃士が公開!

 

遺品整理・生前整理・特殊清掃アスエル

 

フリーダイヤル 0800-805-1055
住所 〒591-8043 大阪府堺市北区北長尾町6-4-17

お問い合わせはコチラ

 

TOP