古物商とは

遺品整理・特殊清掃の大阪アスエル

0800-805-1055

〒591-8043 大阪府堺市北区北長尾町6-4-17

古物商とは

古物商

<古物商とは?>

古物営業法に規定される古物(いわゆる中古品)を売買する法人や個人などの業者のことです。古物商が行う事業のことを古物営業といいます。

<古物商許可制度>

古物営業を行うには、営業所を管轄する都道府県公安委員会(窓口は警察署なので大阪でしたら、大阪に所在する警察署)から古物営業を行う許可を得なければなりません。

なぜ古物を扱うのを許可制にしているかと言うと、古物を扱う者を把握しておくことで、盗品の売買を捜査・検査することが容易になるからです。

古物商の許可がおりると、固い厚紙に布張りした二つ折り黒表紙の手帳型許可証(通称「鑑札」)が交付されます。

古物商許可証

また、店頭や事務所内には許可票(古物商プレート)を掲げておく必要があります。さらに、古物の売買の記録を台帳に記載することも義務付けられています。

もちろんアスエルは古物プレートを製作し、大阪の事務所に掲げていますので安心してください。

古物プレート

リサイクルショップはもちろんのこと、遺品整理業などで買取りをおこなう場合も許可が必要です。

特に、遺品整理業者は無許可でおこなっている場合が多いので、「注意」が必要です。個人が副業などで、ヤフオクやメルカリ、ブックオフのような有名なところから転売のために古物を仕入れする場合でも古物商許可が必要です。

古物商許可証

無許可営業には、

・三年以下の懲役又は百万円以下の罰金(古物営業法第三十一条)

古物営業法の中でも一番重い罰則が課せられます。
大阪に所在するアスエルでは大阪府公安委員会から許可を取得していますので、安心してお任せさいませ。

通話無料 お問い合わせはコチラ

〒591-8043 大阪府堺市北区北長尾町6-4-17

TOP